珠肌ランシェルの使い方は?

珠肌ランシェルの使い方はとっても簡単!

オールインワンジェルなので、塗るだけでお手入れ完了するのが珠肌ランシェルです。全体的に伸ばして馴染ませる、これが基本的な使い方です。今まで化粧水や美容液、乳液、クリームなど、沢山のアイテムを使ってお手入れしていた人は物足りない感じがするかもしれません。でも、つければ納得の使い心地です。

 

頬のほうれい線や、目元の小じわなど、気になるところがあれば重ねづけをして、珠肌ランシェルをたっぷり塗って肌のバリア機能をアップさせましょう。最後に、フェイスラインを手のひらで押さえて、圧をかけるように引き上げてお手入れ完了です。このとき、皮膚が伸びてしまうほど引っ張ってはいけません。優しく気持ち良いと感じる程度で十分です。

 

珠肌ランシェルの間違った使い方

どんな化粧品でも言えることなんですけど、使う量が少ないとその効果をしっかり実感することが出来ません。しっかり効果を実感するためには、実感するための量というものがあります。化粧品の使い方に必ずどのくらいの量使用するのか記載されていますので、必ずその規定量を守って使うようにしましょう。

 

また、擦り込むようにゴシゴシ塗るのも厳禁です!塗る量が少ない上に、ゴシゴ擦り込んでしまっていては、逆効果!もってのほかです。擦り刺激によって新しいシワが刻まれたり、色素沈着の原因になったりしてしまいます。塗るタイミングも大切です。出来れば洗顔後、お風呂から上がって出来るだけ早くに珠肌ランシェルを塗るようにしましょう。顔を洗った後は、バリア機能が低下し、水分蒸発が進みます。この状態を放置していると、乾燥やシワ、たるみが目立つようになってきます。

 

珠肌ランシェルの正しい使い方

洗顔後10分以内を目標に塗るようにしましょう。洗顔後の肌はやわらかい状態なので、有効成分が肌の奥に浸透しやすい状態になっています。

 

ハンドプレスでしっかり押し込めば、肌内部まで潤いが行き渡ります。パンにバターを塗るとき温めた方が浸透するのと同様に、手のひらで温めてあげるとより有効成分が浸透しやすくなります。乾燥している部分は、肌内部に隙間が開いたような状態になっています。

 

そのため、塗った後すぐにサラサラになる箇所があれば、その部分は重ねてつけて、全体的に肌がもっちり、ふっくらするまでつけるようにしましょう。乾燥しやすい目元、口元は、たっぷりつけて肌のバリア機能を高めましょう。

 

⇒ 購入前必見!珠肌ランシェルの口コミまとめ 使ってわかった効果と感想


珠肌ランシェルの気になる詳細はこちら

珠肌ランシェルを格安で購入